大人ニキビの特徴と、予防や改善方法を知って適切に対処する

大人になって出来る大人ニキビは血行不良が原因で起こりやすくなります。

出来やすい場所もフェイスラインで、思春期にできるニキビとは原因もできる場所も異なります。

大人ニキビは20代以降、いつでもできる可能性があります。日頃から大人ニキビ予防に気をつけていきたいものです。

冬は特に大人ニキビに注意

冬は寒いのでどうしても血行が悪くなってしまいます。顔の場合は末端にあたるフェイスラインは大人ニキビができやすくなってしまいます。

フェイスラインは顔の中でも冷えやすいので、普段から意識してマッサージを行うなどの工夫が必要です。大人ニキビができてしまったら、できるだけ患部を清潔にし、血行を良くするようにしましょう。

スキンケアも顔の隅々まで行う習慣を付けることで、大人ニキビの予防に繋がります。また、寒い時はマスクをして、寒さから肌を守ることも効果的です。

しかし、マスクでも隠れないフェイスラインは冷えやすくなるので、アフターケアで十分に温めてあげるようにしたいものです。

ストレスや生活習慣の乱れが原因となる場合もある

過度なストレスは体を冷やす原因となってしまいます。また、睡眠不足や不規則な生活、食生活の乱れなども大人ニキビの原因となってしまいます。

これらは大人ニキビだけではなく、さまざまな肌荒れを引き起こしやすくなります。肌トラブルは体質もありますが、ストレスが増えると症状が悪化しやすくなります。

日頃からストレスや疲労を溜めない生活習慣を送るように心がけたいものです。

まとめ

大人ニキビもなり始めは小さく、すぐに対処すれば、早めに直すことができます。

しかし、大きくなってしまうと、痛みも伴いますし、治るまでに時間がかかってしまいます。

大人ニキビは一つではなく、いくつもできてしまうことがあり、顔の場合は特に目立ちやすくなります。症状がひどい場合は皮膚科で治療を行うようにしましょう。

大人ニキビも繰り返してできてしまうと、跡が残ってしまいやすくなります。跡が残ってしまうと、なかなか跡が消えなくなってしまうので注意が必要です。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る